知っておこう!浮気調査における契約の流れ

探偵事務所や興信所で浮気調査をお願いするにあたって、契約を結ぶことになります。
しかしながら、いきなり探偵事務所や興信所に行ったからといって契約を結ぶわけではありません。
物事には順序というものがありますので、契約を結ぶまでにはいくつかのステップを踏むことになります。
ここでは、浮気調査における契約の流れについてお話ししていきたいと思います。

探偵事務所や興信所について調べる

浮気調査を依頼する探偵事務所や興信所を調べる

当たり前のことですが、浮気調査に対応してくれる探偵事務所や興信所というのは多いものです。
選択肢が豊富なのはありがたいところですが、その中からどこに依頼するかを決めていかなければいけません。
そのためにも、まずは探偵事務所や興信所について調べることです。
今の時代はインターネットがありますので、調べるのはそう大変な作業ではありません。

問い合わせをしてみる

浮気調査について問い合わせをしてみる

探偵事務所や興信所について調べ、いくつかの候補に絞り込んだら実際に問い合わせをしてみます。
インターネットからの問い合わせに対応しているところもありますが、基本的には電話での問い合わせが好ましいでしょう。
というのも、電話対応のときにどんな感じなのかを判断することができるからです。
電話対応で態度が悪いようであれば、候補から削除していきます。
電話で問い合わせをしてみて、浮気調査を安心して任せられそうだと思ったのであれば、そこで相談や面談の約束を取り付けましょう。
ちなみに、問い合わせの時点では料金や値段などの費用面については答えられないというところもあります。
そういったところは、実際に対面したときに料金や値段などの費用について質問するようにしましょう。

面談をする

面談をするために、探偵事務所や興信所に出向きます。
浮気調査についての詳しい話はもちろん、料金や値段などの費用についてもより詳しく話してもらえるでしょう。
料金や値段などの費用面以外でも気になることがあれば、ここでしっかりと質問をしていきましょう。
わからない部分や不安な部分についてクリアにするための面談でもありますので、遠慮することはありません。

契約を結ぶ

最初の面談でいきなり契約ということはあまりないかと思いますが、可能性としてはゼロではありません。
奥さんが「もうここしかない!」と思うのであれば、実際にその場で契約をすることもできます。
ただ、何度かの面談を経て、契約というのが一般的な流れではあります。
契約にあたっては、契約書を交わすことになります。
それぞれが一部ずつ保管することになりますので、契約書はなくさないようにしましょう。また、契約書にサインしてしまう前に、契約書の内容は細かいところまで目を通しておくようにしましょう。
難しいことばかりでよくわからない部分もあるかもしれませんが、わからないことはその場でどんどん質問していきましょう。
よくわからない契約書にサインしてしまうことほど恐ろしいことはありません。
契約書の内容までしっかりと確認して問題ないことがわかってからのサインです。
基本的に初回の面談から契約書にサインする可能性はありますので、面談の際には印鑑を持参するようにしましょう。
また、面談で契約を結んだらその後、すぐに浮気調査についての具体的な話になりますので、旦那の写真や情報についてもまとめたものを持参しておいたほうがいいでしょう。

浮気調査から報告

契約を結んだら、後は探偵事務所や興信所のほうが浮気調査をおこなってくれます。
基本的には調査結果が出てからの報告になるかと思いますが、探偵事務所や興信所によっては途中で簡単な報告を入れてくれることもあります。
浮気調査に関しては、奥さんは基本的にノータッチで完全にお任せする形になります。
もちろん、ターゲットである旦那が予定と大幅に違う行動をとることがわかっている場合には、奥さんのほうから探偵事務所や興信所のほうに連絡を入れたほうがいいでしょう。
奥さんからの情報で張り込みの場所や時間帯を最初から絞り込んでいる場合には、できるだけそういった連絡を早くに入れるようにしておきたいものです。
奥さんからのアクションというのはそれくらいのもので、それ以外はただひたすら待つのみです。
浮気調査が完了したら、探偵事務所や興信所のほうが報告書を作ってくれます。
これを受け取って、その結果で満足ということであれば後は支払いです。
もし、その結果で奥さんが満足できない場合には、追加調査を依頼することもできます。
ただ、追加調査となってくると費用もかさみますので、そのあたりもまた改めて話し合うことになるでしょう。
浮気調査にかかる費用というのは、最初に提示されたものから変動する可能性はあります。
もちろん、なぜ変動するのかについて質問することもできますので、気になる方はしっかりと質問しておくといいでしょう。
きちんとした探偵事務所や興信所であれば、何でどう金額が変わったのかをわかりやすく説明してくれるはずです。

ページ上部へ戻る