失敗したくない浮気調査!悪徳会社を見分けるポイントはココ!

浮気調査にあたって奥さんにできることはいろいろありますが、実際に張り込んでの浮気調査というのは探偵事務所や興信所に任せることになります。
つまり、浮気調査の結果というのは探偵事務所や興信所の質によるとも言えるのです。
もちろん、腕のいい探偵事務所や興信所でも失敗することはあるでしょうが、やはりきちんとした探偵事務所や興信所を選ぶというのが大前提になってきます。
しかしながら、今の時代は浮気調査などを考える方が多く、そういった方をターゲットにした悪徳会社というのも増えています。
悪徳会社に関わるのは本当に時間の無駄です。
奥さんは、悪徳会社をしっかりと見極めた上で関わらないようにしなければいけません。

探偵業の届け出がなされていない

探偵事務所や興信所というのは、探偵業の届け出が必要になります。
平成16年に施行された探偵業法というものがあり、その中で決められていることなのです。
しかも、この届け出というのは難しいものではありません。
どちらかというと他のさまざまな届け出に比べると簡単なものです。
それすらできていないという時点で、探偵事務所や興信所としては怪しさ満点なのです。

住所の記載がない、虚偽の住所である

これは他の業界でもよくおこなわれていることですが、悪徳会社というのはホームページ上に住所の記載をしていないものです。
これは何かあったときにすぐに逃げられるようにしているのです。
また、仮に住所の記載があったからといって油断することはできません。
その住所が虚偽のものである可能性があるのです。
実在している住所を勝手に使っているということもありますし、まったくでたらめな住所であることもあります。
住所の確認までが見極めのポイントとなってくるのです。

高い成功率を強調している

浮気調査における高い成功率を強調しているところも悪徳会社と考えたほうがいいでしょう。
確かに、浮気調査における成功率というのはザックリとした数値であれば算出することもできるでしょう。
しかしながら、そもそも浮気調査の目的や相手、その調査のやり方というのは、それぞれのケースで違ってくるわけです。
つまり、基本的にすべてにおいて異なる条件下で調査をおこなっているのですから、正確な成功率というものを算出できるわけがないのです。
それにも関わらず「成功率100%」などと謳っているところは怪しさ満点です。
何をもって成功とするのかもそれぞれのケースで違ってきます。
成功の基準を曖昧にすることによって、逃げていることもあります。
浮気調査においては、そのときそのときで最善のやり方が採用されるのですから一概に成功率などと謳うことはできないのです。

高い成功率を強調している

その場で契約をしつこく求めてくる

電話でも面談でも契約をしつこく求めてくるところというのは、やはり悪徳会社でしょう。
もちろん、きちんとした探偵事務所や興信所であっても「このケースでしたら早めに決断されたほうがいいかと思います」といったくらいのことは言うでしょうが、その場で契約をしつこく求めてくるようなことはありません。
その場で契約をしつこく求めてくるということは、目の前の獲物を逃したくないからです。
きちんとした探偵事務所や興信所であれば、そういったことをする必要はありません。
それによく理解してもらえないまま契約を結んでしまうと、それが後々トラブルに発展することもあります。
きちんとした探偵事務所や興信所であればそういったトラブルを避けるからこそ、余計にその場で契約をしつこく迫るということはしないのです。

料金体系を含め費用面が不明瞭である

基本的に浮気調査というのはケースバイケースですので、誰にでも決まった料金を案内できるわけではありません。
しかしながら、それでもザックリとした費用というのは公表することができます。
料金体系を含めて費用面をまったく公開していないところというのは、やはり怪しいものです。
料金や値段は曖昧にしておいて、後からまとまった金額を費用として請求しようとしている可能性があります。
仮に質問をしても、何がどれくらいの値段なのかということについては答えてくれないはずです。
奥さんにとって商品やサービスの値段というのは、重要なポイントです。
料金や値段などの費用面に不明瞭な部分があるところは、やはり避けておいたほうがいいでしょう。
やましいことがないのであれば、何にいくらかかるという部分をハッキリと答えられるはずです。
また、着手金が異常に高い、その着手金の内訳がわからない、キャンセルしても返金はしないといったところも悪徳会社の特徴になってきます。
基本的に悪徳会社というのは、依頼者である奥さんにとって負担の大きな要求ばかりしてくるかと思います。
お金を取れればいいからこそそういう態度になるのです。
悪徳会社というのは早い段階でお金を取るだけ取って、後は適当にのらりくらりとするか、音信不通になって逃げるかです。

ページ上部へ戻る