浮気調査の前に!旦那の浮気が気になったらココを確認!

女の勘というのは鋭いものです。
女性であれば、本当に直感的に「あ、こいつ浮気してるな」と思うことはあるでしょう。
ただ、そこで馬鹿正直に浮気を問いただすのはNGです。
問いただしてしまうと、その後のチャンスをすべて棒に振ってしまう可能性があります。
難しいかもしれませんが感情的にならず、一旦冷静になって慎重に対処していくべきです。
旦那の浮気が気になったときには、探偵事務所や興信所に浮気調査を依頼する前にまずここで紹介するポイントについて確認をしておきましょう。

携帯電話やスマートフォン

仮に旦那が浮気をしていたとして、その浮気相手と連絡と取るのはやはり携帯電話かスマートフォンです。
浮気相手をやりとりをしている場合、やはり通話料が増えるといった変化が見られます。
・今まではロックをかけていなかったのにロックをかけている
・携帯電話やスマートフォンを家の中でも手放さなくなった
・着信履歴や送信履歴などを削除している痕跡がある
・電話が鳴っても出ないことが多い
一般的にも浮気のサインとされていることですが、やはりこういった変化が多くなっているとなると怪しいかもしれません。
インターネット上には携帯電話やスマートフォンから浮気の証拠を自力で確保したという奥様の書き込みも多いのですが、実際にやってみると難しいですし、何よりも旦那にバレるとその後の動きが難しくなります。
身近な確認ポイントではありますが、慎重にいきたいものです。

パソコン

携帯電話やスマートフォンだとすぐにバレてしまうということで、浮気相手とパソコンでやりとりをしているケースもあります。
・お気に入り
・メール
・写真
・SNS
・履歴
上記のようなものは、要チェックです。
特にパソコンのメールや写真というのは目を覆いたくなるほどの証拠が出てくる可能性もあります。
パソコンの履歴からは浮気相手に贈るプレゼントや浮気相手とのデート先といったものが判明することもあります。
次のデートでどこに行くかまでつかめることもあります。

財布やポケット

旦那の浮気とお金の流れというのは、連動しているものと思ったほうがいいでしょう。
基本的に浮気相手にお金を使わない男というのは、まずいません。
浮気相手がいれば、絶対にお金を使います。
それも腹立たしいことに奥さんには一度もプレゼントしたことのないような高価なものから、奥さんを連れて行ったこともないような高級レストランまで本当にこれでもかというほどにお金を使います。
だからこそ、財布というのは重要なポイントになってくるのです。
もともと夫婦間であっても財布というのはあまり触らないものです。
だからこそ、旦那のほうも浮気の証拠となるものを財布に入れっぱなしにしている傾向にあります。
・レシート
・ポイントカード
こういったものをチェックしておきましょう。
セックスレスなのに財布にコンドームが・・・なんてこともありますので、財布は要チェックです。
給与明細やクレジットカードの明細書といったものも忘れないようにしておきましょう。
男性の中には財布を持たない主義の方もいますので、そういう場合にはポケットがチェックポイントになってきます。
ガムやレシートなど一見ゴミのように見えるものの中に、実は確固たる証拠が紛れていることもあるのです。

浮気調査の証拠がみつかる?財布やポケット

インターネット上には「夫の浮気を見破った嫁」といった感じの話が多いのですが、そういった話の中でも車というのは必ずといっていいほど登場します。
・長い髪が落ちていないか
・奥さんのものではない女物の何かが落ちていないか
・走行距離が増えていないか
・助手席の位置が変わっていないか
・旦那のものではない香水の香りがしないか
・ナビの履歴に不信なところがないか
こういったところをチェックしておきましょう。
浮気相手の中には奥さんを挑発するかのように、あえて痕跡を残すタイプもいます。
はらわたが煮えくり返るような気持ちになりますが、ここで感情的になってはいけません。
ため込んでため込んで、相手を徹底的に追い詰めたところで爆発させましょう。
そのほうがスカっとします。

探偵事務所や興信所に浮気調査を依頼する前に暴走しないこと!

探偵事務所や興信所に浮気調査を依頼する前に、暴走しないように気を付けておきましょう。
旦那の浮気の証拠で感情的になるなというほうが無理な話ですが、そこで暴走してしまえば奥さんのほうが泣き寝入りするような結果になってしまうかもしれません。
そんなのは悔しすぎます。
探偵事務所や興信所での浮気調査には、費用がかかります。
探偵事務所や興信所における浮気調査の料金や値段というのは、状況に応じても変わってきます。
状況が悪化すれば、料金や値段がアップし、費用がかさんでしまうかもしれません。
費用を節約するためにも、余計な料金や値段がかからないように慎重に行動していくべきです。
トータルの費用というのはやはり結構なものになってきますので、余計な料金や値段が発生しないように注意していきましょう。

ページ上部へ戻る