浮気調査を成功させるための依頼の方法はコレ!

浮気調査を探偵事務所や興信所に依頼するのであれば、やはり成功させたいものです。
中には、浮気調査というと探偵事務所や興信所に依頼の申し込みをして、後は丸投げ・・・と思っている方もしれません。
もちろん、そういった形でも悪くはないのですが、せっかくならより効率的に、効果的に浮気調査を探偵事務所や興信所に依頼しておきたいところです。
ここでは、浮気調査を成功させるための依頼の方法についてご紹介していきたいと思います。

事前に情報を集めておく

漠然と浮気調査の依頼を探偵事務所や興信所にするのではなく、奥さんのできる範囲でいいので事前に情報を集めておきましょう。
例えば、旦那が浮気をしているであろうと考えられる曜日や時間帯などであれば、奥さんのほうが把握しやすいものです。
こういった部分から探偵事務所や興信所に任せてしまうと、費用もかさんできます。
旦那の一番近くにいるのはやはり妻であり、嫁である奥さんです。
だからこそ、浮気の曜日や時間帯といった情報を少しでも得られるように努力してみましょう。
曜日や時間帯がわかるだけでも、浮気調査というのは絞り込んでおこなうことができるようになります。
実は、これは浮気調査にあたっての料金や値段をおさえることにつながってくるのです。
例えば、丸1日張り込んでもらうのと1日のうちの限られた時間帯に張り込んでもらうのでは、やはりかかる費用が違ってきます。
もちろん、奥さんは素人です。
プロの探偵ではありませんので、調べられることも限りがあるでしょう。
しかしながら、一番近くにいる奥さんだからこそ探りを入れられる部分というのも当然出てきます。
怪しまれないようにしつつ、情報を引き出すというのは難しいかもしれませんが、奥さんのほうで少しでも情報を集められるように努めましょう。
もし、奥さんの周りに浮気された経験のある方がいれば、そういった方から話を聞いておくのもひとつです。
探偵事務所や興信所の中には、無料相談をおこなっているところもあります。
そういったものは積極的に利用して、調べておいたほうがいいポイントなどを聞き出しておきましょう。

浮気調査を依頼する前に情報を集める

熱意を伝える

「とりあえず浮気調査をお願いします。」
「浮気調査をお願いします。絶対に証拠を確保してきてください。」
どちらも浮気調査の依頼なのですが、後者のほうが熱意を感じられます。
実は、こういった奥さんの熱意というのも浮気調査の結果に影響してきます。
というのも、前者のような依頼の仕方になると「とりあえずなら軽く調査すればいいのかな?」と思わせてしまうのです。
一方で、後者のような依頼の仕方になると「これはかなり気合いの入った依頼だから絶対に証拠をつかんでこないと・・・」と思わせることができます。
後者のような依頼の仕方というのは、いい意味でプレッシャーになってくれるのです。
また、「相手の顔がはっきりわかるように撮影できますか?」「暗い場所でも大丈夫ですか?」「どういう機材を使うんですか?」といった形で念押しのような質問をするのも効果的です。
実際に利用するかどうかは別として、「もっと確実な方法があるとしたら料金や値段はどれくらいアップするのか?」という質問をするのもいいでしょう。
あまりにもしつこくしてしまうと相手もうんざりしてしまいますので、言い方や限度というものに気を付けておきたいものですがこういった熱意を伝えるような言葉というのは積極的に使っていきたいものです
実際に、浮気調査というのはその後の人生を大きく左右するものです。
それくらい本気で挑んでいるということは伝えておいて損はないでしょう。

浮気調査そのものに関して知識を身につけておく

浮気調査そのものに関して、奥さんが知識を身につけておくことも大切です。
というのも、浮気調査に関しては費用や料金、値段などの面で「騙された!」という話も結構あるのです。
もちろん、探偵事務所や興信所の選び方の時点で間違っていることもあるのですが、費用の相場といったものを把握しておけば、おかしな料金や値段については奥さん自身で気づくことができるのです。
今の時代はありがたいことに、わからないことについてもインターネット上でサクサクっと調べることができます。
専門家レベルの知識を身につけるのはさすがに無理でしょうが、最低限の知識については短期間でも身につけることができるでしょう。
それが浮気調査を成功させることにもつながってきますし、奥さんの身を守ることにもつながってくるのです。
「わからないから専門家に丸投げしたい」という気持ちはわかるのですが、浮気調査の結果というのは人生を大きく左右するものです。
人生を大きく左右するものを丸投げというのは、やはり好ましくありません。
その結果次第では復縁するにしても離婚するにしても、その後の人生が大きく変わってくるわけです。
だからこそ、自分でできる限りの知識を身につけておくようにしたいものです。

ページ上部へ戻る